注意!!

昨夜7:00頃の出来事です。

         f:id:cm-0116:20170911163729j:plain

 
2世帯で、両親の居る階下の電話のベルが鳴りました。
87歳の父がとったようです。
話が弾んでいるようなので、知人からの電話なのでしょう。・・・ん!!とぎれとぎれに聞こえる話の内容がちょっと
 
下に降りてみました。「妻は留守かもしれないけれど・・」 なんだろう?
受話器を渡すよう促しましたが、なかなか渡しません。ほぼ無理やりに受話器を取り上げ「代わりましたけれど、どちら様ですか?」すると女性の少し関西訛りで聞いた事の無い会社名をいい
「履き古した靴を取りに伺いたいのですが」
「申し訳ありません、うちには有りませんから、失礼します。」受話器の向こうでは、何やら話していましたが、電話を切りました。
 
「もう、おとーさん!」
「家に上がりこむ手口の詐欺だよ!いらないものは無いですか?貴金属は無いですか?出すまで居座る詐欺の手口だよ!!」
 
すると父は、「履かない靴を持って行ってくれる、そういってたからだいじょうぶだ!」逆に怒りだしました。
「おかーさんがいるかどうかきいて、様子を確認しているでしょう!」
「知らない電話に、あれこれ相手してはだめだよ!」
その夜はそう言って、2階に退散。
 
今朝、ネットで「靴買い取り」と入れたら、ヒットしました。
思った通りの詐欺行為が行われているようです。
それを見せたら、父納得
 
あの手この手で、年寄りをだます詐欺行為  気を付けてください。