部屋にあった異次元への入り口

 愛用の櫛が消えて30時間が過ぎました。

今朝も淋しく違うものを使いお団子をのせつつ、どこへ行ったやら考えを巡らせていました。

 

前に観たドラマ

空中に次元のひずみが出来て、違う次元へ出入りするその世界では同じ人物が違う生活をしているそんなお話・・・。

私の櫛も違う世界の私に使われているのかな?

などと考えつつ・・・。

私も違う世界へ行ってみたいな~。

言っている間は今の時間が止まってしまって戻ったら進む。

行ったり来たり楽しめたらいいのに・・・。