完敗

「訪問販売」ずいぶん少なくなりましたよね!

 時はさかのぼります・・・・

 

朝の10:00頃だったかな? 

                                    f:id:cm-0116:20171109141000j:plain

 

”ピンポ~ン” 「こんにちわ~!ごあいさつに上がりました」

 

            {ヘッ!朝から誰?何のご挨拶?}

と心でつぶやきながらドアを少しだけ開けてみる。

 

身なりのきれいなおば様がドアを全開させようと、蔓延の笑みを浮かべて立っている。

 

          {何処の人?}{なんなのよ?}

 

「○○化粧品の△△と申します」

 

         {うわ~・うわ~出た

 

「奥さん、もうお顔洗ったわよね~!見て見てこの洗顔石鹸!」と言っている間に

チューブから出た石鹸は私のほっぺに・・・

 もう10:00ですよ!何寝ぼけてるのこのおばさん!!

{私苦手なの!}{どうやって断ろう!}{これ以上、足を踏み入れさせたら負ける~}{絶対買わないぞ~}

    そんな事思った気もするけれど・・・

 

「早く~う 洗面所で洗い流してきてよ~!」

{ホント、人懐っこいんだから~~}

 

仕方ないので、洗いにゆきました。そうしてる間に、魔物は玄関の中へ

上がり段に宝物の入ったカバンが ドカッと

「どう?さっぱりしたでしょう!」

完全に私の負け!!

始まり~始まり~それからは、私の顔に付けるは塗るは、付けるは塗るは

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いつの間にか場所は居間のソファの上、魔法の手鏡に写った自分に

        {う~ん 綺麗}

魔法の時は流れ過ぎ、

おば様の宝物 お買い上げしちゃいましたよ

     {わたし、あれから綺麗なんですウ~}

 

セールストークってすごいですね!まんまと乗った自分がとても可愛いですよね。

一生懸命勉強してる人にはやっぱり勝てないですよ!!

{完敗です}