鍼灸・整骨院へ・・・その1

右の肩甲骨付近がとても辛く近所の鍼灸整骨院へ行くことに・・・

何年か前に数回通ったことがあるので、ともかく少しでも和らぐならと・・・

いつの間にか新装開店したらしく院内もスタッフもすっかり変わっていました。

                                     f:id:cm-0116:20171113105336j:plain

初診扱いだったので、受付で手続きをしている間に患者さんが入ってきました。

「○○さん、おはようございます」と受付の一人が元気な声で・・・

  と同時に横から奥の治療室の方からも大きな声で

「○○さん、おはようございます」と追っかけ声がかかります。

  また、次の人が来ると

「○○さん、おはようございます」と受付の一人が・・・

と同時に横から奥の治療室の方から・・・

次々と・・・まるでカエルの合唱のように・・・

 

おはようございます・おはようございます・おはようございます

  ゲロ・ゲロ・ゲロ・ゲロ・クワッ・クワッ・クワッ

 

整骨院というよりもまるで、居酒屋さんに入ってきたような・・・

朝から不思議な空気の中、肩の痛みも忘れ「来るところ間違っちゃったかな」と不安に思った瞬間でした。

 

少しだけの期待と大きな不安を抱えて、いざ診察室へ・・・

 

ドアをスーとスライドさせた瞬間

キタ・キタ・キタ「○○さん、ようこそ」

ヘッ!! 

 

招かれるまま、問診室へ・・・。

 「今日はどうされましたか?」

   からお決まりの問診が続きます。

 

辛い個所を告げると背骨を上から下へ触診しつつ

「体が歪んでいますね」

と始まりPCでファイルを広げ治療の選択を迫られます。

     保険内・保険外・治療の頻度

まるで訪問販売のセールストーク

きいたことのないような治療方法の名前を並べられても・・・(高年齢者にも同じこと言うのかしら?)と思いつつ、とにかく辛さを改善してほしいので、主張してしまいました。

「針をしてください」

   とすると今度は

「針1本につき20円で技術料が・・・・・」

   辛くて来ているの即効性のある針を・針を早く~と心の叫び、

やっと治療を始めることに・・・

      問診時間なんと10分

 「準備ができたら、このベルを鳴らしてください」

渡されたベル・・・羊飼いのペーター?

  

f:id:cm-0116:20171113105147j:plain              f:id:cm-0116:20171113105113j:plain

 

 

針の腕前は・・・ここを選んだ自分をとても残念に思いました。

プチプチとツボにさすだけ、

        「お願い!もうひとネジリして~」  

                                              f:id:cm-0116:20170829143805j:plain

満足感を得ぬまま、次の治療へ

(待合室にて待機)「なが~い」「帰りたいよ~」

やっと呼ばれて(その間40分待ち)

 ドアをスーとスライドさせた瞬間

「○○さん、ようこそ」

ヘッ!! ・・・「慣れない」

 

待ちに待った{整体}です。

 ベットに寝かせれ、首をゆらゆら「クイッ」

          !!~怖かった・怖かった!!

 床に座らされ背中を「クイッ」

          !!!

横向きにさせられ腰を「クイッ」

          !!!!

 

 10分程度で終わり****ウウ~ン!!なんか気持ちいいかも~

      ほ~5,000円位払ったような~記憶が曖昧

 3日間だけ通ってみよう」そう思い靴を履いた私でした。  つづく