鍼灸院 番外編

ある日「ぎっくり腰」になり、何とか頑張り車を運転し家から1時間の距離にある鍼灸院へ、車の乗り降りも大変で、降りても身体は「く」の字・・・

ベットに上がるのも手を借りて・・・

              f:id:cm-0116:20171114105330j:plain

なかなか相性の良いところが見つからず友人の勧めで行った先の鍼灸院は築20年は経っている4世帯入居のアパートの下の一室・・・看板こそ鍼灸・・・

・・・大丈夫かな・・・

鍼灸師の先生「はじめまして」

見た目が当時バラエティに出ていた うちゃん・ナンチャンの南原さんソックリ

 

彼は、魔法使いでした。

         f:id:cm-0116:20171114105614j:plain

 

先生が針を数本私の身体のB面(後ろ側)に刺して ”クリクリ” ”クリクリ”

手にした金の針で、ぷちっ・クリクリ

       ず~~~ん

20分ほどの治療を終えて、立ち上がると あの痛みは?曲がった腰は?

   すごい破壊力(?)でした。

数年通っていましたが、先生は身体を壊して針を握れなくなってしまったそうです。

再び、私の鍼灸院探しが始まってしまいました。