出直し

 

身体は借り物

ボロボロになった身体からは魂が出て行かなくてはなりません。

f:id:cm-0116:20171125202344j:plain

だから、大切にしてあげると魂はいつまでも居着いてくれます。

 

住み心地の良い身体とは?

 

 

太陽の下で地に足を踏ん張り

大空を見上げられる元気な身体

 

 

魂が出て行こうとしている人は身体からオーラというよりも

ごみが燃えた後の煙のようなものを漂わせています。

 

行かせまいとする身体と 思い という心の抵抗がバリアを張って、まるで魂との戦いのように競い合っています。

戦いに敗れ疲れ果てた表情で逝かせたくないです。

 

思いを取り除いてあげなくては・・・・

願いがあれば叶えてあげなくては・・・・

満足させて、心も解き放ってあげなければ、優しく穏やかな表情で終わりを迎えられないでしょう?

 

明日から私が少しづつ手を貸させてください・・・

眠りにつくまで、そばに居させてください・・・

 

消耗しきった身体は返さなければ・・・

 

魂はまた別の借り物のもとへ出直します・・・