生きるバランス

 物心がついてからの良いも、悪いも思い出として心に残っている男の子の名前を並べてみることに・・・・

 

 まさひろ君1・ただし君・ひろし君・ゆうじ君・こうじ君・あつし君

 まさひろ君2・ひろし君・きよし君・まさのり君・ひろかず君・ひろよし君

 まさひろ君3 ううう~ん 山ほどいるはずなのに・・・

 f:id:cm-0116:20171129143005j:plain

 

私、健忘症かもしれない・・・・

顔とか苗字とかあだ名は浮かぶのに下の名前が出てこない

      記憶が・・・記憶が・・・

 

   f:id:cm-0116:20171129145718j:plain

 

それにしても、まさひろ君が3パターン!

当時の流行だったのかしら・・・・

深いかかわりというか強烈な思い出があるとしっかりと覚えているようですね。

まさひろ君1 は幼馴染で幼稚園か小学校低学年まで手をつないで歩いていた子

まさひろ君2 は教科書に相合傘を書かれるほど仲良かったようです。

       わたしは、自覚なかったのですが・・・・

まさひろ君3 は結婚まで考えてた人でも、死んじゃったの・・・・

       今も夜中に遊びに来ます。私を守ってくれている大切だった人

 

1・2・3 ご縁があったんですね。

 

人の記憶って、ほんとにいい加減・・・・

それとも、私って誰ともかかわらずに生きて来たのかな?

あの時以来、自分からたくさんの友人たちを遠ざけたのは確かな事だけれど・・

 

今まで考えたことは無かったけれどあの事件が「トラウマ」?心の傷?

世間話をする友人は居るけれど、深~く心許せる人は1人だけ・・・

 

魂が身体から離れる瞬間まで、手をつなぎ合える人がそばにいたなら

それでいい・・・

沢山を望むと、何かを失うような気がする

神の持つ天秤のバランスがきっと偏る

f:id:cm-0116:20171129144932j:plain

大きな変化も起こらない真っ直ぐな状況を幸せに感じよう・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

http://amzn.asia/1wlgpnX