「大地を揺らす神」ポセイドン

 

ポセイドン

f:id:cm-0116:20171201151716j:plain

ギリシャ神話の海と地震を司る神様

ニューオリンポスの12神のうちの1神

全ての神ゼウスの次に強さを誇るそうです

海の全てを支配しながら、全大陸も支えている神

怒り狂うと、強大な地震を引き起こして世界そのものを激震させる神

地下水を支配者し、泉の守護神

水にかかわるものすべてはポセイドンの受け持ち範囲なのですね

 

ポセイドンの武器は三叉の矛=トリアイな

 卓越した鍛冶屋技術を持つ単眼のキョクローブスの作品

f:id:cm-0116:20171201151741j:plain

 

この三叉の矛で嵐や津波を寛太に起こし大陸を自在に支配していた

この強大な力がすべての物を失くし

冥界が露わになることを恐れたのが冥王ハーデス

「あの世の神様」も恐れるほどの力をふるっていたのですね

 

 

古代のペラスゴイ人は大地の神として崇拝されていた

山脈を真っ二つに引き裂いて河の通り道を造ったり

山々と大地を深く切り抜いて海中へと投げて島を造った

異名の1つに「大地を揺らす神」

山や谷・島と大地の創造の神だったのですね

 

馬との関わりも深く、競馬の守護神

その象徴の聖獣は馬・牡牛・イルカ

聖樹は松

真鍮のたてがみを持つ馬や、

半馬半魚(ヒッポカクポス)が牽く戦車に乗っていた

宮殿は、海の底にあり珊瑚と宝石で飾られていた

浦島太郎の竜宮城のようですね

 

妃のアムピトリーテーとは

f:id:cm-0116:20171201151817j:plain

名前の意味は海を表す「大地を取り巻く第三のもの」

アムピトリーテーは美しい海の女神

大波を引き起こしたり

巨大な怪魚や海獣を数多く飼うほどの強力な力を秘めていた

ポセイドンは彼女に求婚すしたけれども

アムピトリーテーは彼を大嫌い

追跡から逃れるために宮殿に隠れてしまった

ポセイドーンはイルカたちにアムピトリーテーを探させた

1頭のイルカが彼女を発見し、説得してポセイドーンの元へ・・・

結果、ポセイドーンはアムピトリーテーと結婚することができました

この功績を讃えられてイルカは

宇宙に上げられて「イルカ座」になった・・・とさ

 

ポセイドンに愛人ががたくさん

有名な人物はメデューサ

力を誇るものはたくさんの人(?)を愛せるんですね

ていうか、アムピトリーテーにはきっと冷たくされたんでしょうね

神の世界は一夫多妻制!!

好き放題ね・・・

 

強力な海の女神であるアムピトリーテーを正妻にしたことで

ポセイドンは大地と共に海をも司るようになったそうです

この説はポセイドンは古くは大地を司る神であったことに由来する

妻の実家の力をうまく使ったわね!

 

次回予告

メデューサ

石に成っちゃうよ~

 

 

script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

 

http://amzn.asia/goi5UZm