ゴルゴーン(恐ろしい怪物)=メドゥーサ

小さな頃、一人で留守番をしていた時にテレビの映画劇場で観た

「メドゥーサ」

髪の毛が蛇になっていて、目が合うと石になってしまう

因果関係も理解できずにただ、頭が蛇・怖い神話

f:id:cm-0116:20171202152413j:plain

 

メドゥーサは、ギリシャ神話の怪物(?)

ゴルゴーン(恐ろしい怪物) 3姉妹の1人

姉はステンノー(強い女)

エウルゥアレー(広く彷徨う女・遠くに飛ぶ女)

メドゥーサ(女支配者、王妃、女王)三女 

 

宝石のように輝く目を持ち

見たものを石に変える能力を持つ

以前はは見た者を恐怖で

石のように硬直させてしまっていた

何の為にそんな怪物を神は作ったのでしょうね

 

途中の言い伝えからは現在知られている形に変化した

頭髪は無数の毒蛇

歯はイノシシ

青銅の手

黄金の翼

海の神である ポセイドンのの愛人だった

ポセイドンとの子供が二人

・天馬ペガサス

・巨人クリューサーオール(黄金の剣)

ベガサスが二人の子供とは知りませんでした

 

美少女であったメドゥーサは

海神ポセイドンとアテナの神殿の1つで交わったために

アテナの怒りを買ってしまった

人のお屋敷でそのような事を常識外ですね

f:id:cm-0116:20171202152505j:plain

 

www.mmmone6.com

 

そのために醜い怪物にされてしまう

これに抗議したメドゥーサの姉たちも怪物に変えられてしまう

姉のエウリュアレーとステンノーは不死身であった

聖闘士星矢に出てくるアテナはやさしい女神なのに・・・

 

怒りを買ったメドゥーサは

ペルセウスに首を切り落とされ退治された

メドゥーサの首から滴り落ちた血は

ペルセウスによって2つの瓶に

右側の血管から流れて右の瓶に入った血には

死者を蘇生させる力が

左側の血管から流れて左の瓶に入った血には

人を殺す力があった

プラスとマイナス陽と陰ですね

 

その2つの瓶はアテナに献上された

死者を蘇生させるメドゥーサの血をアスクレピオスに授け

彼はこの血を混ぜた薬を使用した

又、アテナはメドゥーサの首を、

自分の山羊皮の楯アイギスにはめ込んだ

(その楯アイギスはメドゥーサの首を討つ時に

           ペルセウスに貸していた)

レンタルしたのですね

 

別れの伝承では、彼女はもともと美少女であり

特に自分の髪を自慢としていた

アテナと美を競ってその髪を蛇に変えられたとされている

複数の説が存在している

メドゥーサは、見るものを石にしてしまう力を持っており

これまでは誰も退治できなかった

ペルセウスは鏡のように磨き抜かれた盾を見ながら

曲刀ハルペー(癒えない傷を与え、不死身殺しの武器とされる)で

眠っているメドゥーサの首を掻っ切った

メドゥーサの首からあふれ出た血は

空駆ける天馬ペガサス

黄金剣を持ったクリューサーオールを生んだとされる

フム・フム・・・

 

f:id:cm-0116:20171202152429j:plain

ペルセウスが空飛ぶ翼のあるサンダルで海を渡っている時に

包んであったメドゥーサの首から血が滴り落ち

それが赤い珊瑚になった

 

f:id:cm-0116:20171202152357j:plain

 

切り落としたメドゥーサの首から滴る血が砂漠に落ち

サソリなどの猛毒の生き物が生まれたともされる

f:id:cm-0116:20171202152528j:plain

 

アテナはポセイドンには何もしなかったのだろうか?

神の時代から女は嫉妬で殺しをする?

 

www.mmmone6.com

 

 

 

 

 

 

 

 

http://amzn.asia/goi5UZm