ヴィーナス・ローマ神話の愛・美・女神

ウェヌス

古典ラテン語Venus 

日本語読み=ヴィーナス(英語読み)

ローマ神話の愛・美・女神

f:id:cm-0116:20171213112721j:plain

 

本来は囲まれた菜園を司る神であった

後にギリシャ神話のアプロディーテーと同一視されている

愛と美の女神と考知られている

半裸或いは全裸の美女の姿で現されている

ウェヌスは固有の神話が残っていない

ローマ神話ウェヌスアプロディーテー

              神話となっている

ウゥルカーヌスローマ神話に登場する火の神)

              の妻でありながら

 

マールス(ローマ神話における戦と農耕の神)

メルクリス(商人や旅人の守護神である)

アドーニス・アンキーセースたちとの

ロマンスが伝えられている

 

このうちのアンキーセースとの間の子アイネイアース

ローマ建国の祖にして 

ガイウス・ユリウス・カサエルの属する

ユリウス民族の祖とされた

ここからカエサルウェヌスを祖神として

彼女を祀る為の壮麗な神殿を奉献したという

また、カエサルの祖神として軍神ともされた

ギリシアではアプロディーテーが金星を司る神とされ

それに影響でラテン語

ヨーロッパ諸語でも金星をウェヌスと呼ぶ

ラテン語で金曜日は

dies Veneris(ウェヌスの日)と呼ぶ

 

ウェヌス(ヴィーナス)は女性の美しさを

表現する際の比喩として用いられたり

愛神 の代名詞としても用いられる

近世以降は女性名にも使われている

マールスが「戦争」「武勇」「男性」「火星」の象徴

ウェヌス「愛」「女性」「金星」の象徴とされている

性別記号で女性は「♀」と表記されるが

本来はウェヌスを意味する記号

 

芸術作品におけるウェヌス(ヴィーナス)

 

 ・ミロのヴィーナス

f:id:cm-0116:20171213111522j:plain

 

ヴィーナスの誕生(ポティチェリ)

f:id:cm-0116:20171213111541j:plain

 

 

ウルビーノヴィーナス(ティツィアーノ

f:id:cm-0116:20171213111622j:plain

・鏡のヴィーナス(ディエゴ・ベラスケス

f:id:cm-0116:20171213111643j:plain

ヴィーナスの誕生(アレクサンドル・カバネル)

f:id:cm-0116:20171213111824j:plain

 

 

 ヴィーナス 神話は無くとも芸術面では

  広く世界に知らしめられています

女性はヴィーナスの如く美しく

永遠で有りたいですね

 

 

 

  http://amzn.asia/goi5UZm