座敷童子(ざしきわらし)

座敷童子ざしきわらし

f:id:cm-0116:20171219151914j:plain

岩手県に伝えられる精霊的な存在

 

呼び名

座敷または蔵に住む神と言われ

「座敷童」・「座敷童衆」・「座敷ぼっこ」

「御蔵ボッコ」・「座敷小僧」・「カラコワラシ」

 

伝承地域 

主に岩手県を中心、ほかにも

青森県宮城県秋田県など

f:id:cm-0116:20171219152534j:plain

伝承内容

家人に悪戯を働く

見た者には幸運が訪れる

家に富をもたらす

 

風 貌

赤面垂髪の5、6歳くらいの小童

年恰好は住み着く家ごとに異なる

下は3歳程度、上は15歳程度

髪はおかっぱ頭・またはざんぎり頭

性別は男女両方

男の子=絣か縞の黒っぽい着物

女の子=赤いちゃんちゃんこ・小袖・振袖

男女2人など複数

 

黒い獣のような姿

武士のような姿

悪戯好き

(小さな足跡を灰やさらし粉の上に残し

夜中に糸車を回す音を立てる

奥座敷で御神楽のような音を立てて遊ぶ)

 

はっきりとした姿がわからないので、

いろいろに言い伝えられている

 

ある家では

家人が一人で縫い物をしていると

隣の部屋で紙ががさがさする音

鼻を鳴らす音がした

板戸を空けると誰もいなかった

 

夜になると客人の布団の上に

またがったり枕を返したり

悪戯をして眠らせまいとするため

押さえようとしても力が強くて

歯が立たないともいう

子供と一緒に遊んだりもする

 f:id:cm-0116:20171219153503j:plain

 

近年では、座敷わらしに会える宿として

岩手県『緑風壮』

f:id:cm-0116:20171219151111j:plain

「菅原別館」

f:id:cm-0116:20171219151302j:plain

「わらべ」

f:id:cm-0116:20171219151503j:plain

などが テレビ番組や雑誌で紹介されている

 

岩手県

早池峰神社の座敷童子が

遠方から神社に参拝に来ていた者について

別の土地へ行き、その土地の子供たちに

岩手のわらべ歌を教えた

 

土淵村(現在・遠野市

大字飯豊(いいで)の資産家で

座敷童子を子供が弓矢で射たところ

座敷童子は家を去り

家運が傾いたという話が残されている

 

座敷童子の去った家が没落する話は、

貧乏神が去った家が裕福になるという話と

関連しているとの見方もある

 

白い座敷童子は吉事の前触れであり

 

赤い童子(赤い顔、赤い服、赤い手桶をもつ)

が目に見えるのは

童子が家を出て行くことによる

凶事の前触れとの説もある

 

赤い服の童子を見たという

家族一同が食中毒死した事例もある

 

青森県

五戸町家を新築する際

床下に金の玉を埋めておくと

座敷童子を呼ぶことができる

 

多くの文献にも

姿は家の者以外には見えず

子供には見えても

大人には見えないとする説もある

 f:id:cm-0116:20171219153732j:plain

子供たちの数を大人が数えると

本来の人数より1人多いが

大人には座敷童子がわからないので

誰が多いの

かわからないといった話もある

 

 

二戸市一帯では

今までに亡くなったり

間引かれた子の供養のために

部屋の一画に子供部屋を作り

菓子や玩具を置いて祀った

この風習が現在でも残っており

座敷童子を家に居つかせ福を

もたらせ栄えさせようと

部屋の一画に子供が好む小部屋を作る風習もある

 

 

民間信仰として

座敷童子がいる家は栄え

f:id:cm-0116:20171219154305j:plain

 

座敷童子の去った家は

衰退するということが挙げられる

f:id:cm-0116:20171219154327j:plain

座敷童子は福の神であり守護霊

 

遠野物語

「この神の宿りたまう家は富貴自在なりといふことなり」

「ザシキワラシは座敷童衆なり」と記述がある

 

遠野物語』によれば、土淵村のある豪家には

「座頭部屋」と呼ばれる小さな空間があり

昔は家に宴会があれば必ず座頭座を呼んで

待たせるのに用いた部屋とある

文学研究者はこれを

家の守護霊を祀る部屋だったのではないかと

推測している

 

座敷童子は奥座敷におり

その存在が家の趨勢に関ると言われるため

これを手厚く取り扱い毎日膳を供える家もある

 

小豆飯が好物といわれることから

小豆飯を毎日供える家もあり

飯が食べられていないと

家が衰退する前兆だともいう

 

座敷童子の住んでいることを迷惑がらず

むしろ神として保護し

周囲の人間も座敷童子のいる家に対して

一種畏敬の念を持って接している

 

 

佐々木喜善※ 1886-1933 

明治-昭和時代前期の民話研究家

 

座敷童子のことを

圧殺されて家の中に埋葬された

子供の霊ではないかと述べている

東北地方では間引きを

「臼殺(うすごろ)」といって

口減らしのために間引く子を

石臼の下敷きにして殺し

墓ではなく土間や台所などに

埋める風習があった

 

こうした子供の霊が雨の日に

縁側を震えながら歩いていたり

家を訪れた客を脅かしたりし

座敷童子に似た行為が見られた

 

「ノタバリコ」や「ウスツキワラシ」は

座敷童子の中でも下等なものとされており

前者は内土間から這い出て座敷を這い回り

後者は臼を搗くような音をたてたりと

気味の悪い振る舞いをするといわれている

f:id:cm-0116:20171219155102j:plain

これらは、間引かれた子供の

埋められた場所が

土間や臼の下などであることが

関連しているとの指摘もある

このような間引きとの関連に加え、

座敷童子のいる家が旧家であることや

村の外から訪れた六部(巡礼僧)を

殺害した家が後に没落するという伝承と

結び付けられて語られている

 

座敷童子は村落共同体の

暗部の象徴との指摘もある

 f:id:cm-0116:20171219155227j:plain

 

行き場の無い魂が

光に導かれたいがために

手を差し出している事に

誰もが気づいて

あげられるといいのに・・・