お年玉

お年玉

 

f:id:cm-0116:20171221133525j:plain

お年玉(おとしだま、御年玉)は

新年を迎えるために贈られる金品のこと

年玉(としだま)ともいう

 

現在では特に子供に金銭を与える

習慣及びその金銭の意で

用いられている

 

歳暮と異なり

目上の者が目下の者に贈るのが特徴

 

子から親へ贈る場合は表書きを

「お年玉」とする

 

年のありがたい賜物(たまもの)として

「とだま」がなまって「としだま」となり

f:id:cm-0116:20171221133945j:plainf:id:cm-0116:20171221134042j:plain

神棚にお供えとして、餅玉を供えたため

「年玉」の名前がついた

 

民俗学的には 「たま」=「魂(たましい)」

「としだま」とは新年を司る年神への供え物が

下げられたもののことである

 

f:id:cm-0116:20171221134436j:plain

供え物には祀った神霊の分霊が宿る

それを頂くことにより、人々は力を更新して

新たな一年に備える

 

年玉の習慣は中世にまでさかのぼり

主として武士は太刀を

町人は扇を.

医者は丸薬 を贈った

 

子供に金銭などを与える風習は

アジア諸国でも見られる。

 

中国では圧歳銭(あつさいせん)と呼ばれるが

これは中国語で「歳」と「祟」が同じ発音であり

年始に大人が子供に金銭などを

与えることで子供を襲う祟りが抑えられ

その一年を平穏無事に過ごすことができる

という民間信仰から来ている

f:id:cm-0116:20171221133537j:plain


 

また、中国や※華僑※の間では

※(外国に移住している中国人のこと)※

大人が大人にお金を送る 利是(ライシー)

という風習がある。

 

韓国では歳金(セベドン)

と言うお年玉がある

目の上の者に

(土下座) 服従行為を

前提にお金を与えられる

 

f:id:cm-0116:20171221133551j:plain

 

小さな頃から頂いていたお年玉

こ~んな由来があったとは・・・

 

土下座してまで頂く国、

目上の方に礼を

尽くしているのですね!!