年越し蕎麦(としこしそば)

年越し蕎麦(としこしそば)とは

大晦日(12月31日)に縁起を担いで食べる蕎麦

 

f:id:cm-0116:20171227102423j:plainf:id:cm-0116:20171227102412j:plain

 

 

歳末の日本の風物詩

日本の文化であり風習

地域によるさまざまな特色があり

呼び方にもいろいろあるようです

 

・晦日(みそか)蕎麦

・大年そば

・つごもり蕎麦

・運蕎麦

・大晦日(おおみそか)蕎麦

・年取り蕎麦

・年切り蕎麦

・縁切り蕎麦

・寿命蕎麦

・福蕎麦

・思案蕎麦

   聞いたことのある呼び名

        有りましたか

 

年越し蕎麦(としこしそば)は

江戸時代には定着した日本の風習

 

蕎麦は他の麺類よりも切れやすいので

「今年一年の災厄を断ち切る」

という意味で大晦日の晩の年越し前に

食べる蕎麦(地域差もある)

 

2012年現在の統計では

大晦日に年越しそばを食べる人

   57.6%

文化として深く定着しているようです

 

 

地域によって特色の現れた

さまざまな形式のそばが存在する

f:id:cm-0116:20171227103422j:plainf:id:cm-0116:20171227103443j:plain

f:id:cm-0116:20171227103507j:plainf:id:cm-0116:20171227103523j:plain

 

1814年の大坂繁花風土記には

年越しそばに関する以下のような記述が残っている

 

十二月三十一日 晦日そばとて、皆々そば切をくろふ。

当月節分、年越蕎麦とて食す— 大坂繁花風土記

 

正月十四日 十四日年越とて、節分になぞらへ祝う。

この日そば切を食ふ人多し。 — 大坂繁花風土記

 

このことから

遅くとも1814年には大坂(大阪)で

年越しそばが文化として

定着していたことが窺える

 

さらに年越し蕎麦の起源をさかのぼると

江戸時代中期には商家に月の末日に蕎麦を食べる

三十日蕎麦(みそかそば)という習慣があった

これが転じて大晦日だけに行われる

年越し蕎麦になったと考えられている

 

年越し蕎麦に関する記録は

江戸中期ごろまで遡ることができ

当時の江戸では江戸患い【脚気(かっけ)】

流行しており

「そばを食べている人は脚気にならない」

という巷説が江戸での蕎麦の流行を後押しした

 

年越し蕎麦に関する伝承

・年を越してから食べることは

       縁起がよくない

 

・蕎麦を残すと新年は金運に恵まれず

   小遣い銭にも事欠くことになる

 

1756年(宝歴6年)の眉斧日録には

「闇をこねるか大年の蕎麦」と記述されている

 

明治時代・大正時代

大阪うどんの老舗では

商家でも「年越し蕎麦は注文が殺到した」

と記述されている

 

1812年(文化9年)の旅行記によると

東北や甲信越では正月に

祝い蕎麦を打つところもあった

f:id:cm-0116:20171227105214j:plain

年越しそばの由来

 

・蕎麦は細く長いことから延命・長寿を願ったもの

  そばが細く長いことに由来する年越しそばの

  長寿延命の意味し引越蕎麦の

  「末永く宜しく」と意味を通じる

 

・金銀細工師が金箔を延ばす為に

  そば粉を用いたとする説

 

・金銀細工師が金粉銀粉を集める為に

  そば粉の団子を使用したことから

  金を集める縁起物であるとする説

 

鎌倉時代謝国明による承天寺

※「世直しそば」※に由来するという説

  ※「世直しそば」※

  鎌倉時代 博多の承天寺では年の瀬を

  越せない町人に「世直しそば」として

  そば餅を振る舞ったところ

  翌年から皆に運が向いてきた

  という伝説があります

 

・蕎麦は風雨に叩かれてもその後の晴天で

  日光を浴びると元気になる事から

  健康の縁起を担ぐ説

 

・蕎麦が五臓の毒を取ると

  信じられていたことに由来するとの説

 

・蕎麦が切れやすいことから、

  一年間の苦労や借金を切り捨て

  翌年に持ち越さないよう願ったという説

 

・家族の縁が長く続くようにとの

          意味であるとの説

 

・薬味のネギについては

  心和らげるという「労ぐ(ねぐ)」の意味 

  あるいは、神職の「禰宜(ねぎ)」の言葉に

  掛けた語呂合わせであるともいわれる

 

f:id:cm-0116:20171227105305j:plainf:id:cm-0116:20171227102432j:plain

 

おまけ

香川県でも、「うどんを食べたという人

年越し蕎麦の43%に対して 22%

 

去りゆく年を労いつつ、締め括り

  新しい年に光を見出す

年越しそばに

  橋渡しを委ねてみましょう