チョコレートは飲み物だった-その1

チョコレートは発酵、焙煎、粉砕を経た

カカオの実から作られる

アメリカ先住民族はカカオの粉末を

磨り潰したものを入れた液体に

バニラや唐辛子を混ぜて飲んでいた

ヨーロッパの人々はここから唐辛子を外し

砂糖やミルクを入れて甘味を加えた

f:id:cm-0116:20180103184933j:plain

その後現在の棒状のチョコレートを

作る方法を編み出した

チョコレートを使用した菓子は多数あり

世界で最も人気で万人に

知られた味の1つとなっている

 

 
チョコレートを飲む
  ミシカの王たち

 

紀元前2000年ごろからメソアメリカでは

カカオが栽培されていた

15世紀までには

カカオは貨幣として流通するほど珍重された

アステカでは税あるいは貢ぎ物としても

納められていた

当時のメソアメリカでは

カカオを粉にしてコーンミール

唐辛子、バニラなどの香辛料を入れ

 ベニノキの種子で色を付け

水や湯に溶かしたものに

イアフラワーなどの花から作った

調味料を加えたカカオ・ペーストを

主に嗜好品として

また薬用や強壮用として飲用していた

f:id:cm-0116:20180103184900j:plain

16世紀まではカカオの実から

作られた飲み物はヨーロッパに

知られることはなかった 

クリストファー・コロンブス

中央アメリカ島部に到達した後

 スペインにカカオがもたらされた

コロンブスの息子によれば

最初にチョコレート(カカオの実)を

見たヨーロッパ人はコロンブス

1502年のコロンブス最後の航海時であった

ただし

コロンブスがチョコレートを

飲んだという記述はない

16世紀のスペイン人のイエズス会の神父で

伝道のためペルー、後にはメキシコにて

暮らしていたホセ・デ・アコスタは

次のように書いている

非常に不快な味のするかすや泡があり

体験したことがないほど気分が悪くなる

だが現地の者たちには大変尊ばれており

高貴な来訪者をもてなすのに用いられる

この国に慣れ親しんだスペイン人ならば

男女を問わずこの飲み物に貪欲となる

彼らはそれを飲むことで暑さや寒さ

その他さまざまなものが和らぐと言い

唐辛子を大量に入れる

さらに胃腸に良くカタル予防になると

肌にも貼り付ける。

 

コロンブスがカカオの実をスペインの

フェルディナンドとイザベラに

見せるためヨーロッパに持ち込んだが

広めたのはスペインの修道士である

チョコレートがヨーロッパに

もたらされた最初の記録として

1544年のケクチ・マヤ族の使節による

スペインのフェリペ皇太子

(のちのフェリペ2世)への訪問がある

この時は飲料として

容器とともに宮廷に運ばれた

のちに王侯貴族の間で好評を

博したのみならず

庶民も飲むようになった

カカオの取り引きが最初に

あったと記録されているのはゼリビア

1585年にベラクルスからゼリビアへの

積荷としてであった

当初は現地と同じレシピのまま

輸入されたが、やがてヨーロッパでは

特有の苦味を打ち消すため

砂糖や牛乳を加え

唐辛子の代わりに手に入りやすい

コショウやシナモンを使うようになり

イアフラワーの代わりにローズオイル

麝香など高価な香料を取り入れた

 
銀製のチョコレートポット、モリネット(マドラー)を入れるための蝶番が付いている。 London 1714-15(ヴィクトリア&アルバート博物館

スペインでのチョコレートが

普及から間もなくしてスペイン人は

アフリカ人の奴隷を使いカカオの

プランテーション栽培を始めるが

当初はチョコレートはヨーロッパでは 

スペインのみでの普及だった

しかし、フランス王ルイ13世

スペイン王

アナ・マリーア・マウリシスと結婚した時

チョコレートを好むアナが

嫁入りの際に持参したため

フランスにチョコレートがもたらされた

ルイ13世の息子ルイ14世も1661年

チョコレート好きの

スペイン王女マリア・テレサと結婚したため

フランスでは上流階級から

チョコレートが広まった

マリア・テレサはまた

チョコレートを飲む道具一式と

チョコレート専門の料理人

(後にいうショコラティエ)を連れて輿入れした

17世紀後半にはイギリスにも伝わり

ロンドンで最初のチョコレートハウスが

1657年に開店した

1689年には医師で収集家のハンス・スローンが

ジャマイカでミルクチョコレートドリンクを開発した

当初は薬剤師向けに作られていたが

その後キャドバリー兄弟に権利を売却した

苦い飲み物から甘い飲み物に変化したことで

チョコレートは17世紀頃には

ヨーロッパの王侯貴族の間で

カカオはぜいたく品となっていた

f:id:cm-0116:20180103184811j:plain

現在の固形のチョコレートのお話は続く