春の七草(粥)

正月7日の朝に粥(かゆ)に入れて食べる

7種の野草

もしくはそれを食べて祝う行事

f:id:cm-0116:20180104194747j:plain

(熱もの)にした7種の菜を食べて

緑の乏しい寒中にとって食べ、邪気を払う

邪気を避けようとする風は古く中国にあり

おそらくその影響を受けたと思われる

 

わが国でも少なくとも平安時代初期には

無病長寿を願って若菜をとって食べることが

貴族や女房たちの間で行われていた

 

七草粥にするようになったのは

室町時代以降だといわれる

七草の種目

セリ

ナズナ 

ハハコグサ

ハコベ

タビラコ

カブ

ダイコン

 

時代や地域によってかならずしも一定しない

 

そのうちのいくつかが

含まれていればよいと考える所もある

 

現行の七草の行事では

前の晩に神棚の前にまな板を据え

包丁の背やすりこ木

火鉢、杓子(しゃくし)などで

野草をたたき刻んでから神に供え

7日朝それを下げて

粥に入れて食べるという所が多い

供え餅(もち)の砕片を加える場合もある

 

七草をたたくときに、

七草ナズナ

  唐土(とうど)の鳥が日本の国に渡らぬ先に

       あわせてバタバタ」などと唱え

これは小正月に豊作を祈って行う

鳥追い歌の転用だとされるが

意味は未詳である

 

七草の汁をつけて爪(つめ)を切ると

  爪のけがをしないという俗信もある

 

正月7日は古くから人日(じんじつ)ともいわれ

江戸時代には五節供の一つにあてられていた

また、6日から7日にかけては、

六日年越、七日正月などともいわれている

 

七草粥はこの重要な折り目の欠かせない食品で

この行事から正月7日を七草節供とよぶ所もある

 

この春の七草とは別に、

見て楽しむ秋の七草もある

 

1月7日の「 七草粥(がゆ)」の中に入れる7種の野草

秋の七草が観賞を目的としたものであるのに対し

春の七草では食用とされる植物が選ばれている

 

時代によっては12種のこともあったといわれるが

現在では

鎌倉時代『河海抄(かかいしょう)にみえる

「芹(せり) なづな 御行(おぎょう) 

 はくべら 仏座(ほとけのざ) 

  すずな すずしろ これぞ七種(ななくさ)」の歌に

詠み込まれている7種類が春の七草とされる

 

なお一般には

御行は「ごぎょう

はくべらは「はこべら」と呼び習わされている

この七草をいまの植物名に当てはめると

 

芹=セリ(セリ科)

なづな=ナズナアブラナ科

御行=ハハコグサ(キク科)

はくべら=ハコベナデシコ科)

仏座=コオニタビラコ(キク科)

すずな=カブ(アブラナ科

すずしろ=ダイコン(アブラナ科

 

 

 

数より・・・7

七福神,七賢人,七珍万宝,
七支刀,七曜剣などという反面で
七難八苦,七転八倒,七去,
七曲,七化(ななばけ),
七変化(しちへんげ),
七里結界(けつぱい),
七不思議,七人ミサキなどということばがある
また七草,七所祝い,お七夜,初七日,
七五三,七つ祝い,七庚申,七墓詣など
民俗儀礼ではたいせつな数とされている
 
一般に厄年や年祝は精神的肉体的に
人生の節目の年齢であり
新旧の世代の移行がなされるため
とくに厄年は影の暗い側面が
強く表出しているが
逆に祭礼で厄年の人が神役につく例も多い

 

お正月

おせちやお餅、お酒

沢山美味しいものを頂いて

胃袋も少々お疲れ気味?

そんな頃に、

七草粥

野草の効能で体の内部から

優しさで潤してくれること間違いなし!!