鏡開き(かがみびらき)

鏡開き(かがみびらき)

鏡割り(かがみわり)とは

f:id:cm-0116:20180109104336j:plain

正月に神(年神)や仏に供えた鏡餅

下げて食べる日本の年中行事である

 

神仏に感謝し、無病息災などを祈って

供えられた餅を頂き、汁粉・雑煮

かき餅(あられ)などで食される

 

正月に鏡餅を飾る行事は

いつから始まったかは明確ではない

 

室町時代にはその方式が定まった

江戸時代、新年の吉日に商家では

蔵開きの行事をした

 

武家では鎧などの具足に供えた

具足餅を下げて雑煮などにして食し

これを「刃柄(はつか)」を祝うといった

f:id:cm-0116:20180109104336j:plainf:id:cm-0116:20180109104421j:plain

 

女性が鏡台に供えた鏡餅を開く事を

「初顔」を祝うといった

この武家社会の風習が一般化したものである

 

江戸城では、重箱に詰めた餅と餡が

大奥にも贈られ、汁粉などにして食べた

f:id:cm-0116:20180109104606j:plain

刃物で餅を切るのは切腹を連想させるので

手や木鎚で割り「切る」「割る」という言葉を避けて

「開く」という言葉を使用する

f:id:cm-0116:20180109104651j:plain

鏡は円満を、開くは末広がりを意味する

また、鏡餅を食すことを「歯固め」という

これは、硬いものを食べ、歯を丈夫にして

年神様に長寿を祈るためという

 

鏡餅の割れ方で占いをする地域もあり

鏡餅の割れが多ければ豊作」と言われている

町家でも床の間,神棚などに供えた鏡餅

汁粉などにする風習があった

今日も続いているが,

その日は 11日に限らない

あるいは旧6月1日の歯固めまで残しておき

細かく砕いてあられにして食べたりする。

 

武家の具足式を受け継ぎ

柔道場・剣道場などでは現在も

鏡開き式を新年に行うところもある

 

関東を中心にした地域では

年神(歳神)へのお供えが

松の内(1月7日)に終わったあとの

1月11日に行われる

(土日祝日などにより異なる場合もある)

 

元々は松の内が終わる

小正月(1月15日(旧暦))後の

1月20日(旧暦)に行われていたが

徳川家光が亡くなったのが

慶安4年(1651年)4月20日(旧暦)

であったため、1月20日を忌日として避け

後に松の内]後の1月11日(旧暦)とされた。

 

グレゴリオ暦新暦)になった現在

松の内が1月15日の地方では

1月20日正月に行われる

 

京都府や近隣の一部では

1月4日に行なうがその理由は

明確とはなっていないと言われている

 

西日本では、陰暦の2月15日行われる

涅槃会(ねはんえ)※に合わせて

鏡餅を割ってあられを作って食べ

一年間の無病息災を願う風習もある。

 

f:id:cm-0116:20180109104857j:plainf:id:cm-0116:20180109104931j:plain

「釈迦の鼻くそ」 に形が似ていることから

花供曽(はなくそ)などの名前で

参詣者に配られている。

 

涅槃会(ねはんえ)※

f:id:cm-0116:20180109104745j:plain

涅槃講や涅槃忌とも称し

陰暦2月15日

釈迦の入滅(にゅうめ つ)の日に

日本や中国などで勤修される

釈迦の遺徳追慕と報恩のための法要

 

私は、お汁粉で頂きたいと思いますが

あられも、捨てがたいです

両方で、いっちゃいますか??

http://amzn.asia/goi5UZm