クウォーツ(水晶)

神秘の魂への あ・れ・こ・れ

世界3大美女 その3 「小野 小町」

3人目は日本を代表して

小野 小町(おの の こまち、生没年不詳)

f:id:cm-0116:20180115110945j:plain

平安時代前期9世紀頃の女流歌人

六歌仙三十六歌仙、女房三十六歌仙の一人

小野小町の詳しい系譜は不明である

 

彼女は絶世の美女として

七小町など数々の逸話がある

後世に能や浄瑠璃などの

題材としても使われている

 

当時の小野小町像とされる

絵や彫像は現存せず後世に描かれた

絵でも後姿が大半を占め

素顔が描かれていない事が多い

f:id:cm-0116:20180115111303j:plain f:id:cm-0116:20180115111318j:plain

 

系図集『尊卑分脈』によれば

小野篁の息子である

出羽郡司・小野良真の娘とされている

しかし、小野良真の名は

尊卑分脈』にしか記載が無く

他の史料には全く見当たらない

 

数々の資料や諸説から小町の生没年は

天長2年(825年)~昌泰3年(900年)

の頃と想定される

小野篁の生没年

延暦21年(802年)~仁寿2年(853年))を

考えると篁の孫とするには年代が合わない

 

小野篁自身の娘、あるいは小野滝雄の

娘とする説もある血縁者として

古今和歌集』には

「小町姉(こまちがあね)」

後撰和歌集』には

「小町孫(こまちがまご)」

他の写本には

「小町がいとこ」

「小町姪(こまちがめい)」

という人物がみえるが存在が疑わしい

 

他に、仁明天皇の更衣

(小野吉子、あるいはその妹)で

また文徳天皇清和天皇の頃も仕えていた

という説も存在するが、確証は無い

そんな中では架空説も伝えられている

「小町」は本名ではなく「町」という字が

あてられているので後宮に仕える女性

だったのではと考えられる

(ほぼ同年代の人物に「三条町(紀静子)」

三国町仁明天皇皇子貞登の母)」が存在する

前述の小町姉が実在するという前提

姉妹揃って宮仕えする際に姉は

「小野町」と名付けられたのに対し

妹である小町は「年若い方の“町”」という意味で

小野小町」と名付けられたという説もある

 謎に包まれた美女ですね

 

生誕地に纏わる伝承

現在の秋田県湯沢市小野といわれており

晩年も同地で過ごしたとする地域の

言い伝えが残っている

   秋田美人?

ただし、小野小町の真の生誕地が

秋田県湯沢市小野であるかどうかの確証は無く

平安時代初期に出羽国北方での蝦夷の反乱で

出羽国府を城輪柵(山形県酒田市)に移しており

その周辺とも考えられる

   東北美人?

この他にも京都市山科区とする説

福井県越前市とする説

福島県小野町とする説

熊本県熊本市北区植木町小野とする説

神奈川県厚木市小野とする説

生誕伝説のある地域は全国に点在しており

数多くの異説がある

 

東北地方に伝わるものはおそらく

古今和歌集』の歌人目録中の「出羽郡司娘」

という記述によると思われるが

それも小野小町の神秘性を高めるために

当時の日本の最果ての地の生まれという

設定にしたと考えられている

この伝説の裏付けにはなりにくい

 

小野氏には陸奥国にゆかりのある人物が多く

小町の祖父である小野篁は青年時代に

父の小野岑守に従って陸奥国へ赴き

弓馬をよくしたと言われる

 

また、小野篁のいとこである小野春風は若い頃

辺境の地に暮らしていたことから

夷語にも通じていたという

 

晩年に纏わる伝承

前述の秋田県湯沢市小野で過ごしたという説

 

京都市山科区小野は小野氏の栄えた土地とされ

小町は晩年この地で過ごしたとの説

(ここにある随心院には、卒塔婆小町像や文塚など

史跡が残っている)

f:id:cm-0116:20180115113131j:plain

「花の色は..」の歌は、花が色あせていくのと同じく

自分も年老いていく姿を嘆き歌ったものとされる。

花の色は移りにけりないたづらに我が身世にふるながめせし間に 

   百人一首にありますね

 

 

墓所

小野小町の物とされる墓も、全国に点在している

このため、どの墓が本物であるかは分かっていない

平安時代位までは貴族も風葬が一般的であり

(皇族等は別として)、墓自体がない可能性も・・・

 

作品

 歌風はその情熱的な恋愛感情が反映され

繊麗・哀婉、柔軟艶麗である

古今和歌集』序文において紀貫之は彼女の作風を

万葉集』の頃の清純さを保ちながら

なよやかな王朝浪漫性を漂わせているとして絶賛した

 

仁明天皇の治世の人物である

在原業平文屋康秀、良岑宗貞と

和歌の贈答をしているため、実在性は高い

これらの歌人との贈答歌は多く伝わっている

 

 

 

※『古今集・序』※

※『古今和歌集』 添えられた2篇の序文のうち

      仮名で書かれているものの方の名称

 

・思ひつつ寝ればや人の見えつらむ

     夢と知りせば覚めざらましを

    あの人のことを思い続けて見た夢だから、

   あの人の姿が見えたのだろうか、

   夢だと知っていれば目覚めずにいたものを

 

・色見えで移ろふものは世の中の人の

           心の花にぞありける

    色にはっきりとは見えずにうつろうものは

   世の中の人の心の花だったのですね

 

・わびぬれば身を浮草の根を絶えて

     誘ふ水あらば往なむとぞ思ふ

  私はもう落魄してしまったので
  憂き浮草のように根が絶えたこの身を
 
 誘う水があれば流れ去ってしまおうと思うのです

 

古今集

・いとせめて恋しき時はむばたまの

      夜の衣をかへしてぞきる

  好きな人の夢を見るために衣を裏返して寝る

・うつつにはさもこそあらめ夢にさへ

      人めをもると見るがわびしさ

  夢の中でまで人目を避けて逢うなんて

    なんてさみしいことでしょう

 

  

『小町集』・・小野小町を題材とした作品

・ともすればあだなる風にさざ波の

      なびくてふごと我なびけとや

  美しい桜の花も春の長雨が降っていた間に

  すっかり色あせてしまった。

  私も恋の悩みや物思いにふけっていた間に

  美貌はずいぶん衰えてしまったなあ

 

・空をゆく月のひかりを雲間より見で

         や闇にて世ははてぬべき

    恋しく思いながら寝入ったので、

    その人が現れたのだろうか。

    夢だと知っていたら、

    目覚めたくはなかったのに

 

 

小野小町を題材にした七つの謡曲

f:id:cm-0116:20180115133139j:plain

『草紙洗小町』『通小町』『鸚鵡小町』

『関寺小町』『卒都婆小町』『雨乞小町』

『清水小町』の「七小町」がある歌舞伎

 

御伽草子

f:id:cm-0116:20180115134029j:plain

『小町草紙』

 

裁縫用具

裁縫に使う「待ち針」の語源は

小野小町にちなむという俗説がある

言い寄ってくる多くの男に小野小町

なびくことがなかったため

f:id:cm-0116:20180115134240j:plain

穴(膣)のない女と噂されたという

伝説に基づき穴のない針のことを

「小町針」と呼んだ

 

 横溝正史推理小説

f:id:cm-0116:20180115134608j:plain

 悪魔の手毬唄に登場する

 手毬唄では、「穴がない女性」

 という意味で「小町」の語が

 用いられている。

 

舞台

中島みゆきの舞台=サブタイトルが

「花の色は うつりにけりな いたづらに

 わが身世にふる ながめせし間に」

 

『ミュージカル小野小町

わらび座2007年上演の舞台

(内舘牧子脚本、椿千代主演)は小町が残した

「我死なば 焼くな埋むな 野にさらせ

   痩せたる犬の 腹を肥やせよ」の歌から、

自分の人生を生ききった美しいだけではない

強い女性として小町を描いている

 

『小町の千年情話』

さちいろ玉手箱第一回公演、2013年8月の舞台

真波連路の落語輪廻小町を星恵が

舞台劇に脚色、演出。企画、主演は棚橋幸代

生前の愛憎のもつれのために、没後、

一千年も成仏できず、江戸の町をさまよう

小野小町の霊のお話

 

小説•『小説 小野小町「吉子の恋」』

三枝和子著。小野小町の本名が「小野吉子」で

文徳天皇の更衣だったとする説を採用して

その一生を描いている。

 

アニメ•  『超訳百人一首 うた恋い。』

f:id:cm-0116:20180115135429j:plain

六歌仙のひとりとして

3話から5話にかけて登場

声を演じたのは遠藤綾

 

アニメ•君の名は。

f:id:cm-0116:20180115135525j:plain

原作者であり監督の新海誠は、

小野小町古今和歌集

和歌から着想を得てこの作品を

つくったとしている

「思ひつつ寝ればや人の見えつらむ 

   夢と知りせば覚めざらましを」

    あの人のことを思い続けて見た夢だから、

   あの人の姿が見えたのだろうか、

   夢だと知っていれば目覚めずにいたものを

 

ドラマ•  『京都妖怪地図』の第2作

f:id:cm-0116:20180115135719j:plain

「きらら坂に住む400歳の氷女」(1981年)

小野小町と深草少将の「百夜通い」の如く

公家の裏切りに傷ついた白拍子への想いを

証明しようとした面打師・孫四郎(演 - 名高達郎)は

九十九夜を最後に通いは途絶えた。時は流れ、・・・

 

沢山の恋の歌を残しながらも伝承の少ない

 

和歌のやり取りから

安倍清行(あべのきよつら)

小野貞樹(おのさだき)

文屋康秀(ぶんやのやすひで)

僧正遍昭(そうじょうへんじょう)

 

当代きってのプレイボーイ

在原業平(ありわら の なりひら)

f:id:cm-0116:20180115142647j:plain f:id:cm-0116:20180115142635j:plain

 

 

有名な和歌による逸話

安倍清行との話で、

ある法事に2人が出席して法華経の法話を

聞いてから自宅に帰ってからその法話に掛けて

あえない寂しさを伝えるために

清行から小町へ

「つつめども 袖にたまらぬ 白玉は

 人を見ぬ目の なみだなりけり」

  転がっている玉を取ろうといくら

  包んでみても、私の玉はちっとも袖に

  とどまらんなぁ・・・と思ったら、

  何てこと無いその玉は、

  貴方に会えない私の涙でしたよ

 

小町からの返歌は

「おろかなる 涙ぞ袖に 玉はなす 

  我はせきへず たぎつ瀬なれば」

  袖に玉するような涙なんてちいさなこと

  私なんかあの法師様のお話にとても感動して

    滝のような涙を流しましたのよ

返歌をしたそうです。

 

恋多き女

そんな風に殿方たちを

翻弄していった方のようですね

 

世界3大美女に「小野 小町」を入れるのは

 日本位だそうです

それ程、きれいな人ではなかったのかも?

綺麗の基準もそれぞれですしね!

後姿でけでは解りませんものね!!

でも、美女に男性つきもの!!!

歴史上の美女に恋の遍歴は付もの

どの国の美女にも

沢山の恋とドラマが伝承されていました!!!!
 

 

 

 

http://amzn.asia/goi5UZm