クウォーツ(水晶)

神秘の魂への あ・れ・こ・れ

恵方巻き(えほうまき)とは

f:id:cm-0116:20180119203408j:plain

恵方巻き(えほうまき)とは

節分に恵方を向いて無言で食すると

縁起が良いとされる巻寿司のこと

商都大阪発祥の風習といわれているが

1980年代まで大阪市内でも知名度は無く

その起源の定説は未だ存在せず

 

昭和7年(1932)

鮨業界広告内容では花柳界起源説

 

昭和15年(1940)

京都の古習慣・巳鮨( みずし(御厨子(みずし)は

内膳司御厨子所の女官で水仕(みずし)は下女))

引き合いにした大阪鮨商組合の広告チラシを配布した

大阪の鮨店が

昭和44年(1969)に篠田統へ話した

"新こうこう(しんこ=上新粉の餅、こぉこ=新香 )

"巻き寿司大正時代花街起源説の伝聞が

史実の様に取り扱われている。

 

大阪ことばの"巻(まき)"は

小田巻蒸しや玉子巻・巻き寿司

京ことばや船場ことばではちまきの略であること

ちまきは節分で蒔かれていたこともあり

形状を示唆しているのは広告チラシの

女児のイラストのみで細・中・太巻等も明確ではない

 

恵方巻という名称

1989年セブン-イレブン広島市中区舟入

野田靜眞氏が大阪には節分に太巻き寿司を

食べる風習があると聴いて仕掛けたことにより

1998年全国へ広がり 2000年代以降に急速に広まった

それ以前に「恵方巻」と呼ばれていた

という文献類は見つかっていない

「幸運巻寿司」「恵方寿司」「招福巻」などとも呼ぶ

 

「節分の夜に、恵方に向かって願い事を

思い浮かべながら丸かじり(丸かぶり)し

言葉を発せずに最後まで一気に食べきると

願い事がかなう」とされる

 

「目を閉じて」食べるともされる

「笑いながら食べる」という人もおり様々である

 

太巻きではなく「中細巻」「手巻き寿司」を

食べる人もいる

f:id:cm-0116:20180119204439j:plain

近畿地方の表現である「丸かぶり」という言葉から

元々は商売繁盛家内安全を願うものではなかった

との考察もある

 

起源・発祥

恵方巻の起源

発祥は諸説存在し、信憑性も定かではない

江戸時代の終わり頃大阪の商人たちの

商売繁盛と厄払いの意味合いで

立春の前日の節分に「幸運巻寿司」の

習慣が始まったとする説

 

江戸時代末期から明治時代初期

大阪の商人(「船場の商人」とする資料有)による

商売繁盛の祈願事として始まったという説

 

起因として「厄落とし・縁起担ぎ」

船場にある階段の中段で女性が太巻きを

丸かじりして願い事をした」

船場の旦那衆のあそび」が挙げられている

 

豊臣秀吉の家臣

堀尾吉晴が偶々節分の前日に

海苔巻きのような物を食べて出陣し

戦いに大勝利を収めたという説

板海苔の誕生は江戸時代であることから

この説の根拠の乏しさが指摘されている

 

1800年代のある年の節分の日に

大阪近郊の申村(現在の此花区伝法付近と比定)

に住む老若男女が集まり、巻寿司を食す時に

切り分ける手間を省くために一本丸かぶりを

したというのを発祥とする説

 

1970年代半~

マスメディアに取り上げられるようになり

以降は再び定着するようになった

1973年~

大阪海苔問屋協同組合が作製したポスターを

寿司屋が共同で店頭に貼り出し

海苔を使用する太巻きを「幸運巻ずし」

として販促キャンペーンが展開された

1974年

大阪の海苔店経営者らがオイルショック後の

海苔の需要拡大を狙いとしてイベントとして

「巻き寿司早食い競争」を節分に開始

1977年

大阪海苔問屋協同組合が道頓堀で行った

同イベントがマスコミに取り上げられたこと

 

関西厚焼工業組合も同時期頃に宣伝活動を

開始したことなどが契機となって徐々に

知名度が上がり浸透していく

 

大阪では

1月最終日曜日にとんぼりリバーウォーク

「巻き寿司早食いコンテスト」が継続している

 

節分当日に大阪天満宮

「1000人巻き寿司丸かぶりイベント」

            が行われている

 

商品

具材

太巻きには7種類の具材を使うとされる

その数は商売繁盛や無病息災を願って

七福神に因んだもの

福を巻き込む と意味付けされる

 

別の解釈は

太巻きを逃げた鬼が忘れていった

金棒(鬼の金棒)に見立て鬼退治と捉える

f:id:cm-0116:20180119210059j:plain

具材は特定の7種の素材が

決まっているわけではないが

代表例として以下が用いられる

(なお、7種類ではない場合もある。)

 

かんぴょう

キュウリ(レタス・かいわれ)

伊達巻(だし巻・厚焼き卵)

ウナギ(アナゴ)(以上4種は語源由来辞典による[42]。)

桜でんぶ(おぼろ)

シイタケ煮

 

大正時代から昭和時代初期には

漬物が度々挙げられた

他にも焼き紅鮭

かまぼこ(カニ風味かまぼこ)

高野豆腐

しそ(大葉)

三つ葉(ほうれん草)

しょうが

菜の花

ニンジンなどが使われる

 

2000年代以降

サーモン

イクラ

イカ

エビ

まぐろ(ネギトロ・漬けマグロ)などを使い

「海鮮恵方巻」と称して店頭で売られている

具材の種類数でも7種にこだわらず

2種や5種などと少なくしたり

11種・12種・15種など多くする場合もある

 

普及

ミツカンの調査による恵方巻の認知度は

全国平均は2002年時点の53%

2006年には92.5%

マイボイスコムの調査では

「認知度」と「食べた経験」に関して

増加傾向となっている

 

「実際に食べた」と答えた人の

全国平均は2006年の時点で54.9%である

また、「実際に恵方巻を食べるか」

についての地域差は大きく

2008年12月後半

アイシェアが行った調査では関西・中国・四国にて

「実際に食べる」が半数以上占めたのに対し

関東では6割が「食べない」などの結果が出ている

 

2011年

博報堂生活総合研究所三大都市圏で調査をし

節分行事で何をしたか聞いたところ

恵方巻きを食べた」との答えが48%

「豆まきをした」との答えが44%となり

恵方巻を食べたと答えた人が

豆まきをした人を上回り

全国規模の行事として定着していた

 

大手販売店で販売されている恵方巻

商業的に売り上げの落ちる

1月後半から2月初旬の販売イベントとして

主にコンビニエンスストアを中心とし

スーパーマーケットなどの店舗にて展開

前述の道頓堀での販売促進イベントの影響大

 

コンビニでは

ファミリーマートが先駆けであり

1983年に大阪府兵庫県で販売が開始された

f:id:cm-0116:20180119210505j:plain

 

関西厚焼工業組合の宣伝活動は広範囲で行われ

1987年頃には「幸運巻ずし」の宣伝ビラが

関西地方以外にも九州地方や岐阜市

浜松市新潟市などの各都市に向けて送付された

関東では川崎の若宮八幡宮がこの年より

恵方巻行事を開始している 

 

便乗商品

恵方巻風の細長い大福

丸かぶりロールケーキ

恵方巻きロール

ワッフルなどの洋菓子

かす巻などの和菓子

「節分かぶりつきシリーズ」として

鬼の金棒をモチーフにポッキー

パン・トルティーヤ・ロールサンド

オムライス・包餅など

 

全国への広まり

節分に関連する商業的イベントとして

海苔業界やコンビニ業界など関係業界の主導のもと

恵方巻を巧みに利用して販売促進を目的としている

  

節分に関係の深い食材である豆やイワシに比べ

恵方巻は様々なアレンジが可能

「太巻き寿司」「海鮮巻き」「ハーフサイズ」

f:id:cm-0116:20180119203529j:plainf:id:cm-0116:20180119203607j:plain

中華・洋風といった複数種類の恵方巻

2013年には金箔を圧着させた

焼海苔を使った恵方巻が数量限定で発売された

f:id:cm-0116:20180119203549j:plainf:id:cm-0116:20180119203433j:plain

 

恵方巻・・・

お寿司は好物ですが

太巻きを一本何も言わずもくもくとは

食べきれません!!

 

縁起物・・・

中細巻ハーフサイズで

何とか頑張って食べてみようと

改めて覚悟しました

    f:id:cm-0116:20180119212800j:plain

発祥理由・・・

商売繁盛の祈願事と厄払い

 信じてみたいと思います

 

 

 

 

 

http://amzn.asia/goi5UZm