クウォーツ(水晶)

神秘の魂への あ・れ・こ・れ

眠れぬ夜も眠る

眠れぬ夜

f:id:cm-0116:20180122150728j:plain

オフコース

小田和正 作詩・作曲

 

たとえ君が目の前に

ひざまずいて すべてを

忘れてほしいと 涙流しても

僕は君のところへ 二度とは帰らない

あれが愛の日々なら もういらない

愛に縛られて うごけなくなる

なにげない言葉は 傷つけてゆく

愛のない毎日は 自由な毎日

誰も僕を責めたり できはしないさ 

 

それでもいま君が あの扉を開けて

入って来たら 僕には分らない

君のよこを通りぬけ

飛び出してゆけるか

暗い暗い暗い 闇の中へ

眠れない夜と 雨の日には

忘れかけてた 愛がよみがえる

 

眠れない夜と 雨の日には

忘れかけてた 愛がよみがえる

f:id:cm-0116:20180123150044j:plain


 

 

なかなかの内容ですよね・・・・

そんな青春時代も、セピア色の思い出に

 

眠れない夜は

  暗闇の中で心が迷路に

    迷い込んでしまうのですね!!

  

 

 

昨夜の私の眠れぬ夜は

 

あちらの世界の方が

久しぶりに訪問され翻弄させられました

 

f:id:cm-0116:20180123150322j:plain

通常だと、枕に頭をつけるとワン・ツー・ス

リーまでいかないうちに、朝が来るのに・・・・

 

「セイフ ヘイブン」というB級映画(?)の 

    f:id:cm-0116:20180123153757j:plain

Happy End 動画を見終わって・・・

 

AM 1:13  明かりを消した途端

 

 あたりは静まり返った深夜丑三つ時

★ねずみやアライグマは居ないはずなのに

    寝室の真上の天井が ひたひた と音が

   

★横を向むきの上になっている耳の上を

    冷たい風が 行ったり来たり

 

★隣で呼吸をしている吐息が・・・

    スー・スー・スー

もう~眠れません 

  f:id:cm-0116:20171202102645j:plain

布団を深くかぶっても

ゴロンゴロン寝返りを打っても

目だけは開けないように

目が合うとそれこそ厄介・・・

 

AM 2:20 

空気が穏やかに・・・

 あきらめて、もどった?

ソ~と薄目を開けたら

f:id:cm-0116:20180123151946j:plain

こちらを見据えていた方と目が合っちゃった

 チャン・チャン

 

私の負けです、仕方がないので

ベットに座り込んで面談開始

 

f:id:cm-0116:20180123152649j:plain

20歳で亡くなっている大切だった人でした

なんとなく、空間が柔らかさがそうかな?

って思ったけれど、やっぱりそうか・・・

用件は

そろそろ、違うところへ行くので

   簡単に会いにこれなくなるので

どうしても会っておきたかったらしいです

   私も、あいたかったよ・・・

f:id:cm-0116:20180123153914j:plain

(12月には夢にはでてきてたね!!予知夢のごとく

  いろいろ考えさせてくれて、ありがとう)

 

亡くなってから随分と時が流れているから

生前彼が行った悪行といえば未成年の喫煙位!!!

善行のほうが多かった から

あちらの段階的世界があるのなら、そこそこ

出世街道を駆け上がっているのでしょうね 

f:id:cm-0116:20171201103253j:plain

 

 


AM 7:06 大変だ~寝過ごした

いつの間にか眠れなぬ夜は Happy End 

座っていたはずなのに・・・・

 

愛だったと心に思い込ませても

二人過ごした時の流れは

ただ美しすぎた風景の中に

泣声さえも隠して埋もれてしまう

 

眠れぬ夜は

部屋の明かりを灯しつつ

想いを馳せ、心離し

朝焼けに染まる闇を送り出すことが

何よりの優しさ

f:id:cm-0116:20180123153342j:plain