クウォーツ(水晶)

神秘の魂への あ・れ・こ・れ

皆既月食の神秘・月の女神セレーネーに捧ぐ

セレーネー

f:id:cm-0116:20180126145635j:plain

ギリシア神話の月の女神

長母音を省略してセレネ・セレーネとも呼ばれる

ローマ神話のルーナ と同一視されている

 

『神統記』によると

f:id:cm-0116:20180126150414j:plain

ヒュペリーオーンと テイアーの娘で

エーオース とヘーリオスの姉妹

ゼウスとセレーネーとの間の娘に

パンディーア、ヘルセー、ネメアがいる

兄 ヘーリオスとの間の子供に

四季の女神ホーラがいるともいわれる

 

f:id:cm-0116:20180126183015j:plain

輝く黄金の冠を戴き

月が形を変えるように三つの顔を持つ、

月経と月との関連から動植物の性生活・繁殖に

影響力を持つ魔法の女神とも考えられるようになった

まばゆい光を放つ黄金の冠を戴き

輝く裾長の衣裳を身にまとい

背に翼を持つ絶世の美女として描かれる

毎晩、兄である太陽神ヘリオスが西の海へ沈むと

2頭の白馬に牽かせた黄金の戦車を

駆って天空に昇っていく

そして暁方になると、東の空に薔薇色の光を放って

輝き出るエオスと入れ替わるように西の海に沈んでいく

ヘリオスが昼の世界で起こることすべてを

見張っているのと同様に

セレネは夜の世界の監視者とされている

彼女の光のおかげで旅人は道に迷わずにすみ

悪事を働かんとする者は見顕され

夜間の安全が保たれると考えられた

柔らかな月光の矢を放つ

 

恋物語

セレーネーの神話で一番有名なのは

美青年であるエンデュミオーンとの物語である

f:id:cm-0116:20180126150546j:plain

エンディミオンは、全能の神・ゼウスの孫

(息子ともされる)に当たる大変美しい青年だった

ある日、山の頂で寝ていたエンディミオン

見たセレーネーは、一目で恋に落ちる

しかし自分とは違い人間であるエンディミオン

老いていく事に耐えきれなくなった彼女は

全能の神・ゼウスに彼を不老不死にするように

頼み込むゼウスはその願いを聞き入れたが、

「人間に神と同じ不老不死は与えられない

永遠の眠りと引き換えにその美しい姿を保とう」

と言いエンディミオンは不老不死と引き換えに

永遠に眠り続ける事となった

以降、毎夜セレーネーは地上に降り

眠るエンデュミオーンのそばに寄り添っているという

エンデュミオーンが眠る場所は

通常ペロポネーソスとされるが

一説によればカーリアのラトモス山とされる

そのため、エンデュミオーンの墓は

エーリスとラトモスの両方にあった

カーリアのヘーラクレース山の人々は

彼のためにラトモス山に神殿を建てた

また、セレーネーとアルテミスが

同一視されるようになってからは

恋の相手はアルテミスとされるようにもなった

セレーネーは夢の中のエンデュミオーンと

交わりを重ねてセレーネーは50人の娘を生んだ

彼女たちは暦月を司る女神でメーネたちと呼ばれる

(この50という数字は

8年で1周期とするギリシアの暦において

前半4年間の月数が49

後半4年間の月数が50であることに由来すると思われる)

これは※オリンピアード※の期間が50か月

※オリンピックの開催年から始まる4年間の期間※

 

人間を一途に愛した女神なのですね!!

永遠の命は永遠の眠り永遠の愛

月が神秘的な光を放つのは

                          セレーネーの愛

 

牧神パーンもセレーネーの美貌に魅了され

恋い焦がれたことがあり

純白の羊毛皮を贈ってセレーネーを誘った

 

セレーネーは牧神パーンに

   心を渡しはしなかったと思います

 

満月の夜に付きを眺めながら

ムーンストーンを口に含み願いを

  一生懸命願いましょう!

女神セレーネーに届くはず・・・

 

 

www.mmmone6.com

 

セレーネーを思いながら

f:id:cm-0116:20180126184700j:plain

赤銅色に染まる月を見よう

国立天文台のホームページより

www.nao.ac.jp

2018年1月31日

日本全国で部分食の始めから終わりまでを見ることのできる

たいへん条件のよい皆既月食が起こります

月は20時48分に欠け始め

21時51分には完全に欠けて皆既食となります

皆既食が1時間17分続いた後

23時8分には輝きが戻り始め

真夜中を過ぎた0時12分に元の丸い形となります

多くの方にとって

比較的観察しやすい時刻に起こる月食です

詳しい時刻は以下の表をご覧ください。

(日本中どこで見ても時刻は変わりません。)

部分食の始め 1月31日20時48.1分
皆既食の始め 21時51.4分
食の最大(食分 22時29.8分(1.321)
皆既食の終わり 23時08.3分
部分食の終わり 2月1日0時11.5分

「食分」とは欠け具合を表す数値です

食分0.5とは

月の見かけの直径の50パーセントが

欠けることを意味します

食分が1.0以上になると

月が完全に欠けて皆既食となります

皆既食中の月は

真っ暗になって見えなくなるわけではなく

「赤銅(しゃくどう)色」と呼ばれる赤黒い色になります

普段見ることのない神秘的な色になる月を楽しみましょう

月食中の月の位置については以下をご覧ください。

2018年1月31日の皆既月食について月食中の月の位置を示した図

詳しい情報は、天文台ホームページを

参考にしてください

 

f:id:cm-0116:20180126184724j:plain