クウォーツ(水晶)

神秘の魂への あ・れ・こ・れ

自分の心に触れたいと考えたとき

自分の心に触れたいと考えたとき 

f:id:cm-0116:20180204202255j:plain

動物やヒトが外界を感知するための

多種類の感覚機能のうち

古来の分類による五感(ごかん)が重要と考えた

f:id:cm-0116:20180204202322j:plain

視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚

「五感を鋭くする」

人には五感以外にもたくさんの感覚がある

 

触覚と呼ばれているものは

生理学的には体性感覚と呼ばれる

単純に皮膚の感覚を脳に伝えるものなどではなく

表在感覚(触覚、痛覚、温度覚)

深部覚(圧覚、位置覚、振動覚など)

皮質性感覚(二点識別覚、立体識別能力など)

内臓感覚・平衡感覚。

 

体性感覚:表在感覚(皮膚感覚)と深部感覚

表在感覚:触覚(触れた感じ)、温覚(暖かさ)

冷覚(冷たさ)、痛覚(痛さ)、食感、

くすぐったさ

 

深部感覚:運動覚(関節の角度など)

圧覚(押さえられた感じ)、深部痛、振動覚

 

内臓感覚:内臓に分布した神経で

内臓の状態(動き、炎症の有無など)を

神経活動の情報として感知し

脳で処理する仕組み

 

臓器感覚(吐き気など)内臓痛

 

特殊感覚:視覚(目で見る)、聴覚(耳で聞く)

味覚、嗅覚、前庭感覚(平衡感覚)がある

視覚:光を網膜の細胞で神経活動情報に変換し

脳で処理する仕組み。

聴覚:音波を内耳の有毛細胞で神経活動情報に

変換し、脳で処理する仕組み。

味覚:食べ物に含まれる化学物質(水溶性物質)の

情報を、舌、咽頭喉頭蓋などの味覚細胞で

神経活動情報に変換し、脳で処理する仕組み

嗅覚:鼻腔の奥にある嗅細胞で

空気中の化学物質(揮発性物質)情報を

神経活動情報に変換し、脳で処理する仕組み

前庭感覚

平衡感覚:内耳の半規管などで頭部の傾き

動き(加速度)などを神経活動情報に

変換し、脳で処理する仕組み 

f:id:cm-0116:20180205121727j:plain 

平衡覚

(前庭感覚):平衡(身体の傾き、全身の加速度運動)に

対する知覚であり、内耳の流体を

含む腔に関係する

方向や位置確認も含めるかどうか

意見の相異があるが、以前の奥行感覚と

同様に"方向"は次感覚的・認知的な意識だと

一般的に考えられている

固有感覚

(運動感覚):体に対する意識

(筋、腱内の受容器による筋、腱、

間接部の緊張の変化)の知覚である

ヒトが大きく依存する感覚であり

頻繁には意識されない感覚である

体の様々な部位の位置する場所を

感じているという"無意識"である

これは目を閉じて腕を周りに

振ることで演示することができる

固有感覚機能が正確だと思い込んで

どの他の感覚にも感知されて

いないにもかかわらず

直ぐに実際にある手の位置の意識が

無くなるだろう

什痒感:いわゆる「痒み」の感覚

長い間「痒みは“痛み”の軽いもの」

と思われていたが、近年、独立した感覚である

可能性が示された

 

f:id:cm-0116:20180123150800j:plain

日常、なんとなく感じていることも

ひとつひとつが繋がっている感覚なんですね

これらの、たくさんの感覚に敏感に対応でき

自分の「気」を持って調節できるよう日々の

「気」の配り方を考えるべきでしょうね

そうすると体内にあるチャクラも「気」を

感知して精神と身体に呼びかけをするでしょう

f:id:cm-0116:20180205121602j:plain

感覚を研ぎ澄ますことで、

「こころ」に

触れられるかもしれない・・・