クウォーツ(水晶)

神秘の魂への あ・れ・こ・れ

女神・・・ガイア

ガイアギリシア神話に登場する女神

nit

地母神であり、大地の象徴と言われる

 

ガイアは天をも内包した世界そのものであり

文字通りの大地とは違う存在である

 

『神統記』によると

カオスから生まれた

タルタロス、エロースと同じく

世界の始まりの時から存在した原初神である 

f:id:cm-0116:20180208143310j:plain

ギリシア神話に登場する神々の多くは

ガイアの血筋に連なる

人類もその血を引いているとされる

 

母なる女神としてギリシア各地で篤く崇拝された

未来を予言する能力を持つ女神である

デルポイの神託アポローンの手に渡る前に

元々ガイアのものであった

地上のあらゆる事がその上で行わた

誓言の神とよばれている

f:id:cm-0116:20180208143728j:plain

  

ローマ神話における ※テルース※ に相当する

 ※テルース (Tellus) またはテラ (Terra) は

  ローマ神話に登場する大地の女神である※

 

神 話

神々が生まれる以前

宇宙には何もないカオス(混沌)が広がっていた

f:id:cm-0116:20180208143310j:plain

そこにガイアが生まれたとされる

ガイアは自らの力だけで

 

天の神ウーラノス

海の神ポントス

暗黒の神エレボス

愛の神エロース

生んだ母です

 

エロースの働きでウーラノス親子婚し夫とする

そのためウーラノスは神々の王となった

そしてウーラノスとの間に子供

巨神ティーターン一族を生んだ

 

男 神

オーケアノス

コイオス

ヒュペリーオーン

クレイオス

イーアペトス

クロノス

 

女 神

テーテュース

レアー

テミス

ムネーモシュネー

ポイベー

ディオーネ

テイアー

 

キュクロープス(一つ目の巨人)

ヘカトンケイル(百本の手を持つ巨人)

ギガース(巨人、ギガンテスと呼ばれることが多い)

ピュートーン(牝蛇)

テューポーン(ギリシア神話史上最大最強の怪物

などの魔神・怪物を産んだ

 

後には、ポントスを夫にしたとも言われている。

 

 

異形の神々も生んだ

ヘカトンケイル

キュクロープス

あまりの醜さゆえにウーラノス

彼らを冥界タルタロスへ閉じ込めてしまった

 子どもたちの母であるガイアは

       悲しみは計り知れない

ウーラノスへの報復を考え

子供たちに復讐を呼びかけた

子供たちは当初

父を恐れ誰も名乗り出なかったが

末っ子のクロノスが自ら名乗りを上げ

ガイアの作った鉄の大鎌を受け取り

ウーラノスへ復讐することとなる

その夜

クロノスがガイアの指示に教えられた場所へ

ウーラノスは妻ガイアにかぶさるようにして寝ていた

クロノスは大鎌でウーラノス男性器を切り落とした

これを受け、自らの行動を恥じたウーラノス

ガイアのもとを去った

 ウーラノスがクロノスに去勢された

 (これは子供たちを幽閉された

    ガイアが怒り命じたことだった

 

このことでクロノスが神々の王となるが

この時クロノスウーラノス

「やがてお前も自分の息子に王位を

    退けられることになるだろう」と言われ

この言葉はクロノスの脳裏に焼きつくこととなった

  

夫のクロノスがレアーとの間の子供達を飲み込んだ

それを嘆いたレアーは クレータ島に行きゼウスを生んだ

生まれたばかりのゼウスの代わりに産着に包んだ石を飲ませ

ゼウスをガイアに託しクレータ島のニュヌペ達と

アマルテイアとクーレース達に預けて育てさせた

ポセイドーンも仔馬を代わりに飲ませて

          助けたともいわれる)

後に

クロノスゼウスが復讐を決意し

ティーターン一族オリュンポス神の戦いが始まる

10年以上戦いが長引くと、クロノスの横暴さを

見かねていたガイアはゼウスたちに

タルタロスに閉じ込められた

ヘカトンケイルキュクロプスたちのことを教え

彼らを救い出すことを勧めた

ヘカトンケイル百本の手で大岩を投げ

キュクロープスゼウス雷と稲妻を与えた

f:id:cm-0116:20180208154014j:plain

こうしてゼウスらは新たな味方とともに戦いに臨み

ついにクロノスとの戦いに打ち勝った

 

ゼウス

f:id:cm-0116:20180208153418j:plain

 

ポセイドーン

f:id:cm-0116:20180208153456j:plain

 

冥界ハーデース

f:id:cm-0116:20180208153550j:plain

 

大地は皆のものとなったのであった

 

神々の日常も、男女間の憎悪も

  時空を超え、形は違えども

大差を感じないのは私だけでしょうか

 

万能の神ゼウスにとって

  この時点から新たな戦いが始まります