クウォーツ(水晶)

神秘の魂への あ・れ・こ・れ

今週のお題「バレンタインデー」

今週のお題「バレンタインデー」

  f:id:cm-0116:20180209113956j:plain

 ロイズチョコ「プレシャス」★★★★★

 

2月14日

バレンタインデー・聖バレンタインデー

世界各地でカップルの愛の誓いの日

269年にローマ皇帝の迫害下で殉教した

ウァレンティヌス(テルニのバレンタイン)に

由来する記念日だと西方教会の広がる

地域において伝えられていた

 

f:id:cm-0116:20180209114513j:plain

      女神・ユーノー

時はローマ帝国の時代

当時、ローマでは、2月14日

女神・ユーノーの祝日とされていた

ユーノーはすべての神々の女王であり

家庭と結婚の神でもある

 

翌2月15日

豊年を祈願する ルペルカリア祭

(清めの祭りでもある)の始まる日であった

f:id:cm-0116:20180209131722j:plain

              ルペルカリア祭

 

ルペルカリア祭(豊年を祈願する )??

え~  女性に鞭を!!

 SM祭!

   虐待祭!!

 

当時若い男たちと娘たちは生活が別だった

祭りの前日、娘たちは紙に名前を書いた

札を桶の中に入れる

   くじ引きですか?

翌日、男たちは桶から札を1枚ひいた

ひいた男と札の名の娘は

祭りの間パートナーとして一緒にいることと

定めらた

そして多くのパートナーたちは

そのまま恋に落ち、そして結婚した

   普段別々に暮らしていて

    顔も合わすことすら少なければ

  「目と目があったその日から~

      恋の花咲くことが有る~」

   状態ですよね!

 

ローマ帝国皇帝・クラウディウス2世

愛する人を故郷に残した兵士がいると士気が下がる

という理由で兵士たちの婚姻を禁止したと言われている

キリスト教の司祭ウァレンティヌス(バレンタイン)

婚姻を禁止されて嘆き悲しむ兵士たちを憐れみ

彼らのために内緒で結婚式を行っていた

やがてその噂が皇帝の耳に入り

怒った皇帝は二度とそのような行為をしないよう

ウァレンティヌスに命令した

     f:id:cm-0116:20180209133608j:plain

     ウァレンティヌス

 

しかし、ウァレンティヌスは毅然として

皇帝の命令に屈しなかった為

最終的に彼は処刑されたとされる

 

彼の処刑の日は、ユーノーの祭日であり

ルペルカリア祭の前日である2月14日が

あえて選ばれた

ウァレンティヌスはルペルカリア祭に

捧げる生贄とされたという

このためキリスト教徒にとってこの日は祭日となり

恋人たちの日となったというのが一般論

  ローマ帝国は、生贄=処刑

   キリストも怒りをかって処刑

 当時は普通に行われていたのですね!!

カトリック教会において

第2バチカン公会議後の典礼改革で

史実の上で実在が明らかでない聖人たちが

典礼暦から整理された際に

2月14日のウァレンティヌスの記念日が取り除かれた

このため現在では公式には祝日として祝われていない

 

聖バレンタインに関する伝説は複数ある

ローマ殉教録によると、この日に同名の司教が殉教している

複数の伝説や奇跡などが重なり

細部が異なって伝えられている

 

 

日本

1958年ころから流行した日本独自の発展を遂げた

戦前に来日した外国人によって一部行われ

第二次世界大戦後まもなく

流通業界や製菓業界により

販売促進のために普及の試みが始まった

    商戦スタート!!

1970年代後半から日本社会に定着した

女性が男性に対して親愛の情を込めて

チョコレートを贈与する」という

「日本型バレンタインデー」の様式が成立した

昭和11年2月12日

f:id:cm-0116:20180209134224j:plain

神戸のモロゾフ製菓が外国人向け英字新聞

『ザ・ジャパン・アドバタイザー』に

「あなたのバレンタイン(=愛しい方)に

チョコレートを贈りましょう」

というコピーの広告掲載

モロゾフ製菓がバレンタインチョコを

最初に考案した仕掛け人であるとされる

 

1992年

f:id:cm-0116:20180209134823j:plain愛の像

 

聖バレンタイン殉教の地イタリア・テルニ市から

神戸が日本のバレンタインデー発祥の地とて

愛の像が送られた

 

1970年代は日本の資本主義の完成に伴い

成熟した消費社会になった時期

バレンタインデーにチョコレートを贈るというのは

小学校高学年から高校生までの学生層から拡散

1980年代後半頃~

夫や父親、義父に贈る主婦層にも普及した

 

女性がアプローチしたい意中の男性に

愛情の告白として本命チョコを贈る習慣がある

女性から男性へ贈るのが殆どという点と

贈る物の多くが

『チョコレートに限定されている』ことが

日本のバレンタインデーの大きな特徴である

しかし最近では、本命チョコにこだわらず

クッキーやケーキ、マフラーなどを贈る人もいる

 

・義理チョコ・・・恋人までは行かないが、友人として

友チョコ・・・同性(主に女性)間で贈り合う

・逆チョコ・・・男性が女性に渡す

・自己チョコ・・・自分で買って食べる

・強敵(とも)チョコ・・・男性が男友達に送り合う

  相手に贈らなくとも、皆で食べようよ~

 

「日本型バレンタインデー」の特徴

・贈答品にチョコレートが重視

・女性から男性へ一方通行的贈答

・(女性の)愛情表明の機会だと認識

・職場における贈答習慣が強い点

キリスト教との直接的関連は意識されていない

  

西欧・米国

恋人やお世話になった人に

『チョコレート』を贈ることがある

チョコレートに限定されているわけではなく

またバレンタインデーに限ったことでもない

f:id:cm-0116:20180209140515j:plain

ギリシャ

ギリシャではそれほど大きく祝われているわけではない

商業主義によって年々規模が拡大する傾向もある

 

CIS(独立国家共同体)諸国

ソ連崩壊後1990年代に入ってから

バレンタインデーが祝われ始めた

 

ベトナム

バレンタインのキス

ベトナムは西欧・米国流で

男性が女性に尽くす日となっている

 f:id:cm-0116:20180209140541j:plain

サウジアラビア

近年までバレンタインデーの存在そのものを知らなかった

近年の外国文化の流入によって

一般的に認知されるようになってきた

 

チョコレート

  甘~いですよね

そんな甘い関係に憧れて

バレンタインディーに燃えるのですか!

チョコレートで、人の心を操るなんて・・・

 

食べた事の無いような高級なチョコレート

この時ばかりと、チョコレート屋さん

あまり、本気は良くないと思います

 

 夢を!浪漫を!とういう次元を

    とうに、通過済みかと・・・

 

「チョコレートを

   楽しく食べる日!!」

 にしませんか?